> > > 理由は?お薦めは?審査のゆるい消費者金融の特徴

理由は?お薦めは?審査のゆるい消費者金融の特徴

実を言うと審査にゆるい消費者金融というのはあまりありません。2010年に改正貸金業法が施行されてより貸金業者の数はだんだんと減ってきています。これは業者の方もなかなかに難しい状態にあるということです。

そういう時期にゆるい審査をして返済能力が危ぶまれるような顧客を抱え込むのはやはり危険です。むしろ妙にゆるそうなところは警戒した方がよいかもしれません。

やはり法律改正により数は減りましたが残念ながら闇金融と呼ばれる危険な業者はまだ存在します。金利が不自然に安かったり広告で会社の情報をろくに掲載せずゆるい審査のみをアピールしているところは避けた方が良いでしょう。

しかし、だからと言って最初からあきらめることもありません。

自分の持っている条件にあった会社を選ぼう

この記事を読んでいらっしゃる方は自分の条件ではキャッシングは難しいのではないかと不安を抱いていらっしゃる方が多いのだと思います。事実、キャッシングを扱ったサイトにアクセスしてみると、相談コーナーなどでよく見られるのが『●●なのですが審査に通るでしょうか?』という質問です。

この●●に書かれているのはお客さまが抱えている様々な自分の条件に関する不安要素です。特に不安に思われている方の多い条件についてひとつひとつ解決方法をご説明します。

アルバイトや主婦の人がキャッシングするには?

審査の時に重要視される属性のひとつにその人の収入があります。収入を決めるのは 勤務状況ですね。正社員の方ならば特に問題はないのですが、それ以外の不正規社員の方の場合、審査に通るか不安を感じている方が多いようです。
(⇒その他職業の方におすすめのキャッシング情報

アルバイト、パート、主婦、学生の方が上手くキャッシングする方法をご紹介いたします。

アルバイト、パートの人は定期的な収入があることが重要

貸金業法が施行されるまでは正社員であることや年収の額が重要視されていました。しかし、最近ではアルバイトやパートの人にも広く門戸が開かれています。総量規制によって審査の幅が広がり『定期的に安定した収入』がある方ならばアルバイトやパートの人でも受け付けられるようになっています。

ただし、勤務を始めてから最低3ヶ月は経ってから申し込みをした方が良いでしょう。 業者によってはある就職した時点で審査が通るところもあるようですが、やはり期間を置いた方が無難なようです。

主婦の人には配偶者貸付という方法も

主婦でもパートなど定期的な収入のある人ならば審査に通る可能性が高いでしょう。もし、外で働いていない専業主婦の方ならば『配偶者貸付』という方法があります。

配偶者貸付にはふたつの条件があります。ひとつは配偶者の方に安定した定期的な収入があること。夫婦二人分の借り入れ額が年収の3分の1までであることです。

用意するものは配偶者の同意書、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票、戸籍抄本)です。50万円以上の借り入れを望むならば配偶者の方の収入証明書も用意しておいた方が良いでしょう。

学生の人は学生ローンが有利

成人していてアルバイトをしている人ならば高額でなければ一般の業者でも受け付けてくれる場合があります。ただ、学生ということで断られる場合も多いのは事実です。法律的には問題はありませんが学生だとアルバイトをしていても環境が変わりやすく不安定であるためです。

その場合は学生を対象とした業者である『学生ローン』へ問い合わせてみましょう。ただし、借り入れ出来る額は最高でも50万円までです。その分低金利で毎月の返済額も少額であるので学生の生活にはちょうど良いのかもしれません。

信用情報に問題がある場合はどうすればよいか?

信用情報とはあなたの金融取引の履歴の記憶です。どこの会社でどのくらいの額を借り入れし、どのように返済していったかなどということが業者から信用情報機関に報告されて記録されているのです。

信用情報の記録のなかで審査時に特に不利となる記録にはどんなものがあるでしょうか?ひとつは借り入れ件数が4社以上の場合です。一度に数社申し込みをすると余程切羽詰っているのかと誤解されて返済能力を疑われます。業者によっては3件まで、というところもあります。

二つめは他社の借り入れ金額が年収の3分の1を超えている場合です。 2010年より総量規制が施行されましたので貸金業法が適用される業者ではそれ以上の借り入れが出来ません。

三つめは返済の滞納です。過去に1ヶ月以上の滞納があれば審査に不利になります。また意外に思われる方も多いかもしれませんがスマートフォン、携帯電話の月々の支払が滞るのもマイナスです。月々の支払には機種代金のローンが含まれているからです。

信用情報は種類によって登録期間が決まっています。信用情報の種類によって「登録期間」が決まっているため、その期間を過ぎれば削除されます。申し込みは最長6か月間、返済の滞納は最長5年間、自己破産等は最長10年間となっています。

特にうっかりとしてしまうのが申し込みを1度に数件以上してしまう、いわゆる『申し込みブラック』と呼ばれるミスですが、そういう場合は大変かもしれませんが6か月後にもう一度申し込みをしてみましょう。

オススメの業者の特徴

では具体的に上の条件の方でも審査に通りやすいと言われているクレジットカードをご紹介します。一般にやはり銀行系は審査が厳しめです。それに次いで信販系、流通系、消費者金融系の順番で審査がゆるめになる傾向があるようです。

これらを頭に入れつつ、自分の条件に合ったところをホームページ等で探してください。アルバイトの方などは『アルバイトやパートでもOK』という条件を大きくアピールしている会社などをチェックしましょう。

カード名 利用限度額 金利 特徴
ライフカード 200万円まで 15.0%~18.0% 学生でも作ることが出来る
アコムマスターカード 300万円まで 10.0%~14.6% 金融の利用履歴が重点におかれない審査なので通りやすいという口コミが多い
楽天カード 50万円まで 12.25%~15.0% 買い物でポイントがたまりやすい

返済計画をしっかりとたてましょう

自分では審査に通らないのでは、と不安に思っていたのに無事通貨してキャッシングを行えた方はおめでとうございます。しかし、そこで気をぬかずに返済計画にそってきちんと返済をしてください。

信用情報に残るのはマイナスな要素だけでなく、誠実な対応や堅実な返済をしたプラスの要素もしっかりと残ります。それらを残すことは今後の利用の時にあなたにとって大きな後押しとなってくれるはずです。

そういうクレジットヒストリーが積み重なっていけば、やがてはわざわざ審査に通りやすいところを探すという苦労をせずともいざという時にはすんなりとキャッシングが利用できるあなたになっているはずです。

【参考ページはこちら】
審査激甘!無職でも借りられる所はある?

新着記事
ページトップへ