> > > アナタの街の消費者金融は安全・安心?見分ける6つのポイント

アナタの街の消費者金融は安全・安心?見分ける6つのポイント

大手消費者金融は、知名度が高く利用者も多いので、どこから借り入れをしても安全・安心なことはみんなわかっています。

しかし、アナタが住んでいる街にあるような、中小企業の消費者金融の場合はどうですか?

利用者が少なく情報があまりないので、そこが本当に安全なのか、疑問に思うこともあるでしょう。

実は、安全・安心に借り入れができる消費者金融かどうかを、見極めるためのポイントがあるのですが、みなさんはご存知ですか?

これを知っていれば、大手から借り入れができなかった時に、大手よりも審査が緩いアナタの街の中小企業消費者金融から借り入れすることもできます。

では、具体的にどうやって見分ければいいのか、ポイントを解説していきましょう!

正規の消費者金融以外から借りると危険な3つの理由

お金を貸してくれるのなら、別に正規の消費者金融から借りなくてもいいのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それはとても危険です。

正規の消費者金融では無い業者を、ヤミ金という呼び方をしますが、ヤミ金からはお金を借りてはいけません。

それには、下記の3つの理由があります。

  • 金利が高い
  • 取り立てが厳しい
  • 借り過ぎる可能性がある

ヤミ金は、正規の消費者金融ではないので、法律に従わずに貸し付けを行っているため、これらの問題が出てきます。

では、詳細を確認しましょう。

金利が高いと利息ばかりが増え元金の返済ができません

金利が高くなればなるほど、返済が大変になるのはみなさんおわかりですよね。

そのため、正規の消費者金融が守るべき法律である貸金業法では、下記のようなルールが定められています。

法律上の上限金利は20%

しかし、ヤミ金は違法な存在ですから、法律に従った経営をしていないため、それ以上の金利で融資をすることもあるのです。

金利が高いと、返済が進まず、いつまで経っても利息ばかり払っていて、本来支払うべき元金が減らないという事態に陥ります。

そうなったら、延々返済を続けなければいけないことになります。

ヤミ金はルールに従わず厳しい取り立てをします

正規の消費者金融から借り入れをしている場合、万が一返済が遅れたとしても、大きな不利益を被るような取り立てはされません。

なぜかというと、貸金業法によって、下記のような取り立てはしてはいけないと定められているからです。

  • 大勢で押しかける
  • 反復継続した取り立て
  • 正当な理由が無い場合の、21時以降翌朝8時までの連絡や訪問
  • 張り紙などの手段によって、借り入れがある事実を他人に知らせる
  • 大声での取り立てや暴力的な態度
  • 勤務先に出向いて借り入れがある人を困惑させること

一部抜粋ですが、これだけ見れば、正規の業者からの取り立てが危ないものではないことがわかりますね。

しかし、ヤミ金は法律に従わないのですから、これらの手段で取り立てをすることも考えられますし、実際にそのような例もあります。

そうなると、近所に借り入れが知られる、職場に居られなくなるなどの不利益を被ります。

さらに、自分だけでは済まず、家族が返済を求められる例もあります。

お金を借りるためには、申込書に詳細の情報を記入しています。

自宅住所から職場の情報、電話番号まで、全ての情報がヤミ金の手にあると考えると、怖いですよね。

借り過ぎると返済ができずに自己破産しなければいけないことも

ここまで見て、なぜ金利も高く取り立ても厳しいところでお金を借りるんだろうと疑問に思われるかもしれませんが、それはヤミ金が誰にでもお金を貸すからです。

法律の関係などで、すでに借り過ぎていて正規の業者から借り入れができない人でも、ヤミ金では借り入れできます。

それって困っている人にはいいことなんじゃないの?と思われるかもしれませんが、借りてしまった後が大変です。

すでにめいっぱいお金を借りている人がヤミ金を頼ると、借り過ぎで返済ができなくなり、結果としてしつこい取り立てに悩まされることになるのです。

貸金業法には、総量規制という決まりがあります。

個人が借り入れをする場合は、借り入れをしている残高がその人の年収の3分の1までになるように制限される

これは、多重債務者を生み出さないために制定された決まりで、借り入れをする人を守る意味があります。

しかし、ヤミ金はこの規定に従いませんから、総量規制の範囲を超えてお金を貸します。

そのため、知らず知らずのうちに借り過ぎて、困ることになるわけです。

まずはここをチェック!登録番号は表示されていますか?

それでは、ヤミ金から借り入れをしないために、チェックすべき点を見ていきましょう。

ヤミ金と知っていれば、その業者に手を出すのは避けられます。
(⇒優良な消費者金融の特徴とは?

しかし、実は一見ヤミ金に見えない業者もあるので、知らないうちにヤミ金から借りてしまう危険性もあります。

お金に困っている人なら誰にでも、自分でも気づかないうちにヤミ金に手を出してしまう可能性があるのです。

そこで、ヤミ金と正規の消費者金融を見分けるポイントとして、まずは登録番号が表示されているかどうかを確かめましょう。

正規の消費者金融は、必ず登録番号を表示しています

貸金業差が登録番号を表示しなければいけないことは、法律で決まっています。

そのため、正規の消費者金融は、必ずわかりやすいところに登録番号を表示しています。

例として、登録番号とはどれのことか、誰もが安全・安心とわかっている、大手消費者金融のものを見てみましょう。

大手消費者金融名 登録番号 表示されている場所
アイフル 近畿財務局長(11)第00218号 ホームページのトップページの下部
アコム 関東財務局長(12)第00022号 ホームページのトップページの下部
ノーローン 関東財務局長(11)第01188号 ホームページのトップページの下部
プロミス 関東財務局長(11)第00615号 ホームページのトップページの下部
モビット 関東財務局長(6)第01239号 ホームページのトップページの下部

どうでしょうか?

これを見れば、全ての大手消費者金融が、ホームページのトップページの下部に、わかりやすく登録番号を表示していることがおわかりいただけると思います。

このように、正規の消費者金融なら登録番号をわかりやすく表示していますので、それが表示されていない時点で、ヤミ金だと疑うことができます。

登録番号を詐称している場合もあるので注意!

実は、悪質なヤミ金になると、登録番号で非正規の業者だと見破られてしまうことを知っていて、正規業者の登録番号を勝手に利用している場合があります。

また、架空の番号を表示しているヤミ金もあるので注意が必要です。

その際に役立つのが、正規の貸金業者の検索ができる、金融庁のデータベース(登録貸金業者情報検索入力ページ)です。

架空の登録番号を表示している場合、これを利用すれば、検索してもその業者が出て来ないので、すぐにわかります。

しかし、ヤミ金が正規業者の登録番号を勝手に利用しているのなら、検索してもわからないよと思われるかもしれませんね。

確かに、登録番号だけでチェックすると、そうなる危険性があります。

そこで、データベースを利用する際には、下記の点を合わせてチェックしましょう。

連絡先が一致しているか

ヤミ金も、連絡をしてもらわなければ融資ができませんから、登録番号は詐称していても、電話番号は直接ヤミ金につながるものを表示しています。

そのため、登録番号だけでチェックするのではなく、連絡先もきちんとチェックする必要があります。

データベースで検索すると、下記のような情報が表示されます。

  • 登録番号・日本貸金業界会員番号
  • 行政処分を受けているかどうか
  • 商号または名称
  • 代表者氏名
  • 本店の住所
  • 電話番号
  • いつの時点でのデータかを示す更新日

表示された結果と、手元にある広告や案内のメールなどを見比べて見て、何かが違えば、詐称している可能性があると見抜くことができますね。

違法な営業をしているのに登録番号を持っている業者もある!

実は、違法は営業をしているのに、登録番号を持っている業者もあります。そうなると、見分けるのに困りますよね。

そこで、注目してもらいたいのが、登録番号の()の中の数字です。

先ほど、登録番号について確認しましたが、アイフルを例に挙げると、登録番号は近畿財務局長(11)第00218号です。

()の中の数字は、3年ごとに更新される仕組みになっていますので、番号が大きいほど営業年数が長い消費者金融だとわかるのです。

そう考えると、大手の中ではモビットが比較的新しい消費者金融だということですね。

ヤミ金は、登録番号を持っていても、長期営業はしていません。それは、違法な会社だと知られて摘発される前に、廃業してしまうという手口を使うためです。

つまり、()の中の数字が1の場合は、疑う余地があるということです。

ただし、古くからある正規の業者でも、店舗の縮小などで登録先が変わった場合には、数字が1から始まることになります。

融資事業を始めた、または登録先が変わったばかりの正規の業者にとっては迷惑な話ですが、()内の数字が1の時には、特に注意して口コミなどを調べてみましょう。

電話番号でわかる!携帯の番号が表示されている業者はヤミ金です

先ほど、金融庁のデータベースを利用して正規の消費者金融かどうかを調べる時に、電話番号に注目するようにと言いました。

その電話番号ですが、実は見ただけでその業者がヤミ金だとわかる場合があります。

携帯電話の番号を表示している業者はヤミ金です

では、そう言える理由を見ていきましょう。

貸金業者が表示できる電話番号の種類は決まっています

貸金業者が連絡先として貸金業者登録簿に登録できる電話番号は、下記の2種類に決まっています。

  • 固定電話の番号
  • 着信課金サービスの番号

着信課金サービスとは、フリーダイヤルのことで、電話を受けた方が料金を払うシステムのものです。

広告に表示する電話番号は、貸金業者として貸金業者登録簿に登録する際に使用した電話番号しか、使ってはいけない決まりになっています。

ということは、上記の2種類以外の、携帯電話の番号を広告に表示している時点で、ヤミ金とわかるのです。

そこで、電話番号を注意して見るようにすると、ヤミ金かどうかが見分けやすくなります。

誰にでも貸せる、そんな広告文句を見たらヤミ金を疑う必要あり!

ヤミ金の広告には、ある共通した内容が記載されています。

  • 誰にでも融資ができる(ブラックでも利用可)
  • 特別金利で融資中
  • 他社の利用件数や利用金額は不問

どこからも借り入れができない人にとっては、一見とてもいい条件に見えますね。

しかし、ここに書かれているようなことはありえないことを、確認していきましょう。

正規の消費者金融では必ず審査があります

ヤミ金の広告では、誰にでも融資ができるとか、ブラックでも借り入れができるとか書いてあります。

しかし、正規の消費者金融で借り入れをする場合、審査なしで利用できることはありません。

なぜなら、消費者金融側としては、審査をして返してくれそうな人にお金を貸さなければ、経営が成り立たなくなる可能性があるからです。

大手消費者金融でも、正規の中小企業の消費者金融でもそうですが、審査があることがはっきりと書かれています。

それなのに、誰にでも貸せるということは、逆を返せば貸したお金を回収する手段が何かあるということになります。

それが法外な金利だったり、厳しい取り立てだったりするわけですね。

そう考えると、誰にでも貸せるというところから借り入れをするのは、とても危険だとわかります。

金利にも注意!高すぎたり低すぎたりするところはヤミ金です

先ほど確認したように、法律で定められた20%を超える高すぎる金利だと、ヤミ金だとすぐにわかります。

そのため、金利が高いとわかっている業者には手は出さないよと思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、下記の2つの理由で、金利が高いとわからない場合もあるので注意が必要です。

  • 金利が表示されていない
  • 特別金利を謳って極端な低金利が表示されている

貸してくれるというからとりあえず借りたけど、金利が表示されておらず、後で聞いたら驚くような高金利だったという場合もあります。

それから、特別金利として低すぎる金利が表示されている場合も問題です。

では、なぜそう言えるのか、どのような金利が適正なのか、正規の消費者金融を例に詳しく見ていきましょう。

特別金利で低い金利を提示していても実際は高額です

消費者金融の中でも、経営が安定しているところと言えば、やはり大手です。

その大手の金利は、下記の通りです。

消費者金融名 金利(%)
アイフル 4.5~18.0
アコム 3.0~18.0
ノーローン 4.9~18.0
プロミス 4.5~17.8
モビット 3.0~18.0

大手でも、これだけの金利をつけないと経営が成り立たないということです。

それなのに、資本が少ない中小企業が、大手よりも低い金利で貸し付けができるとは考えにくいですよね。

正規の中小企業の消費者金融の金利も、合わせていくつか見てみましょう。

消費者金融名 金利(%)
アロー 15.0~19.94
キャネット(本社京都) 15.0~20.0
ニチデン 9.49~17.52
フクホー 7.3~18.0
ライフティ 4.5~18.0

これらと比較して、低すぎる金利を提示された場合、どうやって経営を成り立たせるのかと疑問が残ってしまいます。

つまり、低すぎる金利はあり得ないことがわかりますので、その時点で怪しいと思うことができます。

さらに、ヤミ金が低い金利を提示している場合、特別金利とかキャンペーン金利として提示していることが多くなっています。

ということは、通常の金利が予測できないのです。

金利が低いと思って借り入れをしたところ、それは特別金利だったということで、後から高額の金利を請求されることもありますので、注意が必要です。

返済方法など商品内容が不明瞭な場合も要注意!

先ほど金利について確認した際に、ヤミ金では金利が表示されていないこともあると言いました。実は、これは違法です。

なぜなら、金利や返済に関する情報など、多くの申し込み者が知りたいことがわかるように、貸金業法によって表示すべき情報が決められているからです。

貸金業法によって表示が義務付けられている情報

正規の消費者金融は、下記の情報を明記することが義務付けられています。

  • 商号・名称
  • 金利
  • 返済方式
  • 返済期間
  • 返済回数

これらがはっきり書かれていない場合、どのような商品かわからないまま利用することになります。

それだと、かなり不安ですよね。

正規の消費者金融は、法律に従っていますから、これらはきちんと表記しています。

正規の消費者金融ではこのように表示されています

では、実際にこれらの情報がどのように表示されているのか、いくつかの大手消費者金融を例に見てみましょう。

金利については先ほど確認しましたので、それ以外の部分を確認します。

会社名 アイフル アコム ノーローン
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式 定率リボルビング方式 借入金額スライドリボルビング方式
返済期間 借入直後から最長で14年6カ月 最終借入日から最長9年7か月 1回~100回 最終借入日から最長で6年9カ月
返済回数 1~151回 1~100回 1~80回

このように、大手ではきちんと情報が表示されていますので、借り入れをしようとしている業者で、返済方式などの情報がきちんと表示されていることを確認しましょう。

これらは、貸付条件や商品詳細の部分で紹介されているのが一般的です。

申し込みの際にも気をつけよう!短すぎる審査時間は危険です

申し込みをする時にも、おかしいと気付くことができるポイントがあります。

  • 審査時間が短く表示されている
  • インターネットで申し込みをする時に個人情報の扱いに関する同意を求められない

では、詳細を確認しましょう。

大手でも審査には最短で30分かかります

これまでに利用した顧客のデータを元に、コンピューター的に融資ができるかどうかを判断するシステムを持っている大手でさえ、審査には最短で30分かかります。

中小企業の消費者金融の場合、コンピューターを利用せず人の手で判断することが多いのですが、その方が手間がかかるため、30分より短い審査時間は考えられません。

ところが、ヤミ金には、5分や10分で審査ができますと宣伝しているところもあります。

これでは、実質審査はしていないのと同じですよね。

そのため、大手が審査ができる目安としている30分よりも短い時間で審査ができるような書き方をしてある時には、ヤミ金であることを疑いましょう。

正規の業者は個人使用情報機関を利用しています

個人信用情報機関は、誰がいつどこでいくら借りたか、きちんと返済をしているかなど、お金の借り入れに関する個人情報を扱っている機関です。

正規の消費者金融は、この期間に情報を問い合わせることでその人がいくら借りているのかを知り、返済はできそうか、総量規制で決められた範囲を超えていないかをチェックします。

また、返済に遅れがある場合、すでにお金に困っているから新たに融資をしても返済は難しそうなので融資はやめておこうなど、審査に通すかどうかの判断にも利用します。

しかし、その個人情報を問い合わせるためには、申し込み者の同意を得ることが必要です。

そこで、申し込みをすると、個人情報の照会に同意することを求められます。

この確認が無い場合、個人情報を問い合わせるつもりがない、つまりきちんと審査をするつもりが無いことがわかります。

これも、ヤミ金を見分ける一つのポイントです。

詐称もあるのでチェックポイントを総合的に見て判断しましょう

以上のように、ヤミ金かどうかを判断するポイントは6つあります。

しかし、正規業者の名称に近い名前を使ったり、正規業者の登録番号を詐称したりすることもあるので、それぞれを単独で見て判断するのではなく、総合的に判断することが必要です。

下記の点を、きちんとチェックしましょう。

  • 登録番号があるか(他の業者のものを利用していないかも合わせてチェック)
  • 電話番号が携帯電話の番号になっていないか
  • 無審査と言っていないか・または審査時間を極端に短く案内していないか
  • 金利が20%を超えていないか・または特別金利などの低すぎる金利ではないか
  • 商品の詳細情報を表示しているか
  • 個人情報照会の同意を求められるか

これらをチェックして、問題がなければ、正規の消費者金融と言えます。

名前を知らない業者に申し込む時には、電話番号や登録番号を元に、金融庁のデータベースできちんと調べてから利用しましょう。

詐称している場合もあるので、登録番号のみ、会社名のみなど、単独の情報で確認をせず、連絡先など全ての情報が一致しているか見ることも大切です。

広告を出している業者が安全なのではありません

広告を出している業者からは、お金を借りても安心な気がしますよね。

しかし、広告を出しているから正規の消費者金融だとは限りません。

ヤミ金は正規の業者ではないのだから、陰に隠れて経営をしているのかと言えばそうでもなく、堂々と広告を出していることもあります。

しかし、さすがに大手の雑誌や新聞にまで広告を掲載することはできません。それは、基準が厳しく、誰でも広告が出せるわけではないからです。

しかし、ヤミ金でも広告を出せる場所があります。それが下記のところです。

  • 小さな出版社が出版しているギャンブル系やアダルト系の雑誌の中
  • 夕刊やスポーツ新聞の広告欄(文字のみの広告欄)
  • ダイレクトメールやインターネットのメールによる広告

それを読んだ不特定多数の人の目に触れる広告だけではなく、ダイレクトメールやインターネット上のメールで、直接勧誘がある場合もあります。

通常、個人宛てにこれらを送るためには、これまでにその消費者金融を利用したことがあるなど、こちらから情報を知らせている必要があります。

それなのに、知らないところから勝手に連絡が来るのは、どう考えても不自然ですよね。

ですが、お金に困っていると、ヤミ金の広告やメールなどに目が言ってしまうものです。

それでも、後々のことを考えて、借り入れは正規の消費者金融からしましょう。

正規の消費者金融で借りられないということは、借りたら返済に困る状況だということですから、生活の見直をするなど借りられる状態を作ることが大切です。

本当に安全・安心な街の消費者金融をご紹介します!

では、実際に中小企業の消費者金融から借りたいと思った人に向けて、安心・安全に借り入れができる業者を、いくつか紹介したいと思います。

先ほど金利を紹介した中小企業の消費者金融は、どれも安心・安全な中小消費者金融です。

それらの消費者金融がどのような条件で貸し付けをしているのか、見てみましょう。

アロー

アローの商品詳細は下記の通りです。

登録場号 利率 最大利用限度額 所在地
愛知県知事(2)第4195号 15.0~19.94 200万円 愛知県

アローでは、審査が最短45分で終わります。

大手の30分に比べると少し遅めですが、中小企業の消費者金融としては、かなりスピーディーに融資に対応してくれる消費者金融です。

むしろ、審査時間が短すぎるとヤミ金の疑いがありますので、適正な審査時間だと言えますね。

申し込み方法は下記の通りです。

  • インターネット
  • ファックス
  • 郵送

アローでは、返済シミュレーションも利用できます。

返済方法は残高スライドリボルビング(返済回数60回)、元利均等返済(返済回数1~120回)です。

キャネット(本社京都)

キャネットの商品詳細は下記の通りです。同名の消費者金融が北海道にもありますが、ここでは京都に本社があるキャネットをご紹介しています。

北海道キャネットも、正規の消費者金融です。

登録場号 利率 最大利用限度額 所在地
近畿財務局長(2)第0813号 15.0~20.0 300万円 京都府

キャネットでは、即日融資も受けられます。

申し込み方法は下記の通りです。

  • 店頭窓口
  • インターネット
  • 電話
  • ファックス
  • 郵送

返済方法は残高スライド元利均等返済方式で、返済回数は1~60回です。

ニチデン

ニチデンの商品詳細は下記の通りです。

登録場号 利率 最大利用限度額 所在地
奈良県知事(03)第01139号 7.3~17.52 50万円 奈良県

ニチデンでは、午後2時までに受け付けが終われば、即日融資が受けられます。

申し込み方法は下記の通りです。

  • インターネット
  • 電話

返済方法は元利定額リボルビング方式で、返済回数は1~60回です。

フクホー

フクホーの商品詳細は下記の通りです。

登録場号 利率 最大利用限度額 所在地
大阪府知事(03)第12736号 7.3~18.0 200万円 大阪府

フクホーでは、申し込み時間によっては即日融資を受けることができます。

申し込み方法は下記の通りです。

  • 店頭窓口
  • インターネット
  • 電話

返済方法は、元金自由返済方式もしくは元利均等返済方式で、返済回数は2~60回です。

ライフティ

ライフティの商品詳細は下記の通りです。

登録場号 利率 最大利用限度額 所在地
東京都知事(4)第28992号 4.5~18.0 500万円 東京都

ライフティでは、最短で即日融資を受けることができます。

中小企業の消費者金融は、多くが一度借り入れをしたら後は返済していくのみという利用方法になっています。

追加で借り入れをしたい場合は、再度申し込んで審査を受けることになります。

しかし、ライフティは、大手消費者金融と同じようにキャッシング用のカードを発行していますので、利用限度額の範囲なら何度でも利用できます。

申し込み方法は下記の通りです。

  • インターネット
  • 電話

返済方法は、借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式で、返済回数は最長で120回です。

ここで紹介した業者以外にも、正規の中小企業の消費者金融は多く存在しています。

正規の中小企業消費者金融は数多く存在します

大手のように多くの人に名前を知られていない中小企業の消費者金融にも、便利なところはたくさんあります。(こちらもご参考に→中堅消費者金融はラクに審査が通る?

中には、近くに住む人のみを融資の対象としている、ホームページさえ持っていない消費者金融もあるのです。

そう言われれば、近くにあの消費者金融があるな…と思い当った方もいらっしゃるかもしれませんね。

そういったところは、地域密着型で全国的に融資は行わないため、ホームページを持つ必要がないのです。

しかし、そのように全国的に名前を知られていない中小企業の消費者金融に紛れて、ヤミ金が存在していることは確かです。

だからこそ、その業者がヤミ金ではないことをチェックしてから、申し込むことが大切なのです。

大手で借りられなかった場合、審査が緩い中小企業の消費者金融に申し込むのはとても有効な方法なので、ヤミ金と正規の業者を見分けるためのポイントをぜひ知っておきましょう!

【参考ページはこちら】
借りやすいコツはある?審査や金融機関のまめ知識

新着記事
ページトップへ