> > > 学生向けカードローンは安全?消費者金融を利用する時の注意点

学生向けカードローンは安全?消費者金融を利用する時の注意点

学生向けのカードローンを利用する場合、消費者金融を頼りにするというのも賢い手段です。

というのも、消費者金融は柔軟なカードローン審査を行ってくれるからです。

近年では、学生向けの金融商品も販売しておりますので、今回は具体的にどのような金融商品が人気なのかについても、記事内で詳細の案内をおこなわせていただきます。

借り入れの条件は?学生向けのカードローンにも存在する?

学生向けカードローンには、契約の際に満たさなければいけない借り入れの条件が存在します。

その中で重要とされる項目は年齢です。年齢に対して厳しい審査を行っていることが多いため、学生以外でも使えるというケースは少ないと思ったほうが良いでしょう。

学生証の提示は求められるので、学生証を用意した状態でカードローン審査を受ける必要もあります。

また、「学生証は写(うつし)」で問題ありません。消費者金融では、昔からコピー機を自動契約機の隣に置いているため、こちらでコピーをしたものが写となり、学生証の写を気軽に提出できるようになっています。

このような仕組みで、学生向けカードローン審査が行われますが、「デタラメな情報」で申込みしないように注意しましょう。

デタラメな情報を記入し申し込んでも、現代の消費者金融の審査力ではバレてしまいます。

昔と今で大きな違いがあるのですが、現代のカードローンは嘘がバレてしまいやすいです。金融機関で情報の共有化を進めているため、嘘をついても数分でバレることが多いのです。
(⇒学生でも安心して審査に通る方法

学生向けは低金利?金利が高いカードローンも存在する?

学生向けカードローンというと、「大手以外の消費者金融が多い」というイメージがあります。

ですが、大手消費者金融でも学生向けのサービスを提供しているので、大手消費者金融が利用できないわけではありません。

金利についても下の表の通りで、高い金利でカードローンを販売しているわけでもありません。

  • 一般的な銀行:2.0%~15.0%
  • 一般的な消費者金融:3.0%~18.0%

銀行と比較すると、消費者金融のほうが金利が高いという状況です。しかし、融資額が大きいほどに金利が安くなるので、消費者金融はそれほど金利が高すぎる・・・という状況でもないのです。

どんなケースでも借りられる?アルバイトの収入でも審査は可能?

アルバイトの収入でも、学生向けのカードローン審査を申し込めます。

ただし、信用情報に問題がある人では審査を受けられません。

信用情報とは

金融機関の利用履歴に該当する情報を、信用情報と言います。

利用ごとに履歴が登録されていく仕組みになっているので、金融機関の利用で問題が多い人物では、消費者金融であってもカードローン審査を断ることがあるのです。

また、お使いみちは「生活費、教育ローン」といった目的であれば、借り入れが可能となっているケースが多いです。また、学生証だけでなく、免許証といった本人確認書類でも、カードローン審査を受けられるケースが多いので、このことも理解しておいたほうが良いでしょう。

学生向けのカードローンは、銀行だけでなく消費者金融でも販売されています。

ただし、信用情報において問題が多く見つかる人では、カードローン審査に落ちてしまうことが多いので注意してください。また、一般的なカードローンと比較して、学生向けは大きな融資に対応していないという特徴もあります。

なぜ利用者が多い?学生向けカードローンと社会人向けの違いは?

一般的なカードローンは、「社会人として働いている人向けのカードローン」です。

しかし、そんな社会人向けカードローンは、学生の利用であっても問題ないと定められているのです。ただし、学生であれば学生向けを利用したほうが得が多いかも知れません。

学生向けカードローンと社会人向けには違いもあります。なるべく、下記についても理解した上で学生向けを利用してください。

  • 学生向けは審査にあまり時間がかからない
  • 学生向けは学生の借りられる範囲で貸してくれる
  • 社会人向けと違い審査がシンプル

このような違いがあります。消費者金融は審査が短いと言われていますが、実は学生向けだと更に短時間で審査を終えられるのです。

人によっては、「新生活のためのローンをしたい!」という、他の人とは違った要望を持っている人もいるでしょう。学生向けカードローンは、そんな希望にも応えてくれるので、学生から高い評価を得ています。

学生の借りられる範囲とは

学生向けのカードローンは、「限度額が予め決められている」のです。全体的に見ても、平均では「20万円で限度」という場合が多いです。

しかし、借りる側にとっては安心して使っていけるという魅力があるので、社会人向けとの大きな違いとなっています。

審査がシンプルとは

学生向けのカードローンは、社会人向けカードローンの審査より審査基準が少ないです。必要な書類についても、学生証と場合によって収入証明書(給与明細など)が必要になるくらいです。

審査は優しくない?学生向けカードローンの審査は厳しいものが多い?

先ほどから学生向けカードローンについて案内していきました。

ですが、肝心の「どんな人であれば審査に通るのか」について触れていなかったので、今回は審査のみに絞って案内を行います。
(⇒カードローンの審査基準について

まず、安定した収入がある人であれば、学生向けカードローンの審査で通りやすくなるのは確かです。

しかし、下記のような問題点が見つかった場合、カードローン審査では中々通らない・・・と思ったほうが良いでしょう。

  • すでに複数の業者で借りている
  • 申込の際の申請書で記入の不備が多く見つかる

複数の業者に対して借り入れの契約がある場合は、大半の学生が審査で落ちてしまうでしょう。借入の件数は、社会人であっても「3件未満」が好ましいとされています。

ただ、学生向けカードローンの契約者で、この条件に問題があり審査落ちする人はほとんどいません。大半の学生が、カードローンを利用する場合、「初めてである場合が多い」からです。

学生向けのカードローンは、学生の生活を支えてくれるカードローンとして高い人気を誇っています。

ですが、すでに複数の業者で借り入れを行っている場合は、一般的なカードローン審査と同じで、カードローン審査時間が長くなってしまう、審査に落ちてしまう可能性が高まるというリスクが発生します。

借り入れの基礎知識!学生向けカードローンのメリット、デメリット

先ほどから何度か案内していますが、学生向けカードローンにも「メリット、デメリットはある」ので注意してください。

メリットがあることは素晴らしいことですが、デメリットをあらかじめ伏せている業者も存在するので、学生向けのカードローンはメリット尽くし・・・というわけではありません。

特に下記のようなカードローンには注意すべきです。

  • 誰でも借りられると案内しているカードローン
  • 過去に金融事故を起こした人でも借りられるカードローン

上記のようなカードローンは、すべて「悪徳業者と関わり合いがある」カードローンです。

例えば、誰でも借りられるカードローンは、「借りられない場合にたらい回し」にされることが多いので注意してください。

たらい回しとは

最初は普通の金融業者を利用できるが、返済で困ると別の業者にたらい回しされるケースのことです。

大抵の場合、返済で困るほどに「悪徳業者が推薦」されてくるので、金利などが暴利である場合が多いです。自分以外の人にも迷惑をかけることが多いので注意してください。

基本的に甘い勧誘のほとんどが、「相手の弱味につけ込んでいる」ものばかりです。

連絡を取ってしまうと、悪徳業者の騙しやすい相手としてリストに載ってしまうこともあります。酷い場合では、何度も電話連絡を行ってくるという、迷惑をかけられることまであるのです。

このようなデメリットも存在するので、リスクを回避してカードローン審査の申し込みを行ったほうが、健全なカードローンライフを送れるようになるでしょう。

将来を見据えて借りる!学生ローンは特殊なメリットも存在する?

学生の間でカードローン利用をされるだけで、人によっては「2年間以上カードローンを継続利用」している人もいるでしょう。

あまり知られていませんが、カードローンはただ継続して利用するだけでも金利が引き下がりやすくなるという特徴があります。

なので、学生向けカードローンについても、短期間だけ利用するというのは勿体無いです。最近では、光熱費の支払いをカードローンで支払う・・・というサービスもあるので、このようなサービスを理解して利用することも大事です。

どうして支払いサービスを推しているのかというと、このような「小さな金額の利用でも信用は上がる」からです。

つまり、将来において下記のような信用を要求されるカードを持ちたい場合、学生の間に信用を高めておくのも賢い手段なのです。

  • ゴールドカード会員向けクレジットカード
  • 大手銀行の高額カードローン

上のような商品については、どれもこれも「信用が前提」となっています。

人によっては、「社会人になってから対応しても遅くはない」と考えている人がいます。しかし、社会人になってから急激に年収といった、信用に値する属性が良くなる人はほとんどいません。

公務員、大手企業で勤務されている人であれば、最初から信用が違ってくるのですが、あまりにも人を選ぶ対応方法です。

また、この方法は「クレジットカード」でも同じ結果を生み出せます。

つまり、学生向けカードローン、もしくはクレジットカードを利用していると、自然と継続利用における信用が高まっていくのです。ただ、使い過ぎていると信用が下がってしまうので注意してください。

便利なプランの切り替え!プランの切り替えとサービス内容の詳細

プランの切り替えは、あまりメジャーではないので知られていない学生の方も多いです。

ですが、今まで貯めてきた信用をそのまま使えるサービスなので、使わないのは勿体無いでしょう。

例えば、学生向けカードローンとして契約を組んだものは、将来的にはそのまま「社会人向けカードローン」に組み直せるのです。その際に金利の見直しも発生するので、通常のものよりお得な場合が多いです。

なぜ、あまり知られていないのか?というと、社会人になってからは大手銀行で新しくカードローン契約される人が多いからです。

ただ、大手銀行の場合は前述のとおり信用が必要です。なので、社会人になったばかりなのであれば、「今まで利用されてきた金融機関」で借り入れの検討を行ったほうが良いでしょう。

信用が上がっていると、審査に関しても通常より短い時間で審査を終えられます。なので、なるべく今まで利用してきた金融機関を頼ったほうが良いのです。

学生向けのカードローンであっても、信用が上がっていくようになっています。

ただし、途中で利用しなくなった場合は信用が上がりませんので、1つのカードローン(もしくはクレジットカード)を重点的に利用するようにして、高い信用を得られるように努力したほうが良いです。

消費者金融のメリット!銀行と比較することで見えてくるメリットは?

最後に、銀行と比較することで見えてくるメリットについて案内させていただきます。

消費者金融には以下のようなメリットも存在するので、こちらも理解されてから、学生向けのカードローン審査の申し込みを行うか、検討されたほうが良いです。

  • 審査が柔軟
  • ネットのみで審査を終えられる

消費者金融は、昔から学生向けのカードローンを販売しています。なので、カードローン審査のノウハウは銀行より上だと思っても問題ありません。

そのため、収入が少ない人でも消費者金融であれば、審査に落ちないで済むということが多いです。銀行をどうしても使いたい・・・という場合でなければ、消費者金融を利用されたほうが賢明でしょう。

それと、消費者金融はネット上のカードローン審査に対応しています。審査を終えた後は、指定の口座に対して融資を行ってくれるサービスも存在するので、素早く審査を終えたい、入金も素早いほうが良い・・・という方は、消費者金融と相性が良いと思って問題ないでしょう。

【参考ページはこちら】
未成年が安全に借入するときの注意点

学生でも、学生向けのカードローンを通じて、カードローンの契約を組むことが可能です。

ただし、収入が完全に無いという状況では、消費者金融であってもカードローン審査が難しくなってしまいます。他にも、金融機関との間でトラブルを起こしている人では、カードローン審査に通りません。

学生向けのカードローンは、一般的なカードローンと同じで審査基準が存在します。なので、審査基準を満たせる人で、信用情報において問題がない学生であれば、学生向けのカードローン契約が可能となるのです。

新着記事
ページトップへ